MENU

パルスフィット MP-1000

Pulsfit MP-1000
運動解析パルスオキシメータ

mp1000_head.jpg

継続的な高精度のバイタルデータ管理で
リハビリ時のリスク削減、退院後の適切な運動指導を実現

mp1000_img1.jpg 2014年9月1日付けで制定されたJIS規格(JIS 80601-2-61)では、人を用いた精度基準が求められています。
耳で測定を行うNISSEIのパルスオキシメータは、低酸素室試験での「人を被験者としたSpO2精度の評価試験」において適合を確認しました。

mp1000_img2.jpg 片麻痩患者による卜レッドミル歩行時の測定精度は、脈拍測定で時速5km、血中酸素飽和度測定で、時速4.5kmまで、測定可能を確認しています。(人による誤差はあります)

特徴

リハビリテーション時の運動効率、動作リスクを定量的に評価可能にします

mp1000_img3.jpg

  • 2014年制定のJIS規格に適合
  • 一般効果の定量化
  • 動作リスクの評価
  • 運動効果の定量化
  • 測定データは、iPhone(iPod touch)からクラウドサーバーへ転送
  • 転送されたデータはパソコンで一括管理

使用例

  • リハビリ中の脈拍値モニターで運動負荷量を管理する
  • リハビリ中に急な心拍数の上昇など、危険な兆候を確認する
  • リハビリ中に急な酸素飽和度低下を確認する
  • 呼吸器疾患の患者で、リハビリ中の運動強度に対してのSpO2値の低下を確認する
  • モニタリング結果を基にして、リハビリ中や退院後の運動許容度の決定根拠とする
  • 運動ごとの負荷量をチェックし、退院後の生活指導の目安とする
  • 運動時のSpO2値の低下するトータル時間・低下回数をカウン卜することで、酸素供給量の調整に使用する

商品情報

販売名
パルスフィット
モデル
MP-1000
測定方法
2波長吸光度測定法
使用目的
動脈血の経皮的酸素飽和度及び脈拍数測定
測定部位
耳朶
測定対象者
小児(6~12歳)~成人(新生児は不可)
測定範囲
血中酸素飽和度(SpO2):0~100%
脈拍数:30~240拍/分
測定精度
血中酸素飽和度(SpO2):±2%(70%≦SpO2≦100%)
脈拍数
脈拍数:±3%、又は±1ディジットの大きい方(30~240拍/分)
使用電源
Li-ion(リチウムイオン)充電池
定格電圧
DC4.2V
定格消費電力
0.05W
連続測定
約8時間(フル充電)
使用温湿度
+10℃~+40℃、相対温度30~85%(結露なきこと)
保存温湿度
-20℃~+60℃、相対温度10~95%(結露なきこと)
操作高度
高度0~4,000m相当
寸法
約 縦47×横71.5×厚み20㎜
重量
約40g(本体のみ)
耐用期間
3年(製造業者の自己認証による)
電撃保護
内部電源機器 BF形装着部
水の浸入の保護
IP22
管理医療機器
特定保守管理医療機器
医療機器認証番号
228AFBZX00003000
※本製品はEMC規格IEC60601-1-2:2007に適合しています。
Bluetooth対応規格
Bluetooth Low Energy 4.1

※製品の改良のため、断りなく仕様変更する場合がありますのでご了承ください。


MP-1000アプリの操作方法はこちら →


▲PAGE TOP

医療関係の方へ

ここから先は医療関係者を対象にした情報提供です。
あなたは医療関係者ですか?

このコンテンツは医療関係者向けの情報ページです。
一般の方の閲覧はご遠慮いただいております。