MENU

DSK-1051/DSK-1051J

上腕式デジタル血圧計 オープン価格

22-42cmまで対応可能なユニバーサルフィットスリム腕帯採用

上腕式デジタル血圧計・DSK-1051は世界で最も権威あるESH(欧州高血圧学会臨床制度試験)に世界で唯一合格しています。安静状態を示すLEDランプ、朝夜の血圧の変化を記録するメモリー、測定時間を知らせるアラームなど、多彩な機能が充実した最新モデルです。

ESH合格

欧州高血圧学会臨床精度試験合格
日本精密測器株式会社は、1964年より半世紀に渡って血圧計を製造しています。開発、設計から生産、品質管理にいたるまで一貫して出来るすべての部署を持っているメーカーです。 血圧計の生産・供給量は世界で上位にランクされ、血圧計のフルラインナップ(アナログ~デジタル、 医科向け~家庭向け)で、現在も開発・生産・販売をしているメーカーは世界でも当社のみです。 DSK-1051 の測定精度は、世界で最も厳しいとされるESH(European Society of Hypertension: 欧州高血圧学会)の2010 年度版の臨床精度試験に合格しています。

特徴

安心測定ナビが正常な測定をサポート
正しい血圧測定をガイドし、測定時の不安を解消します。血圧測定において重要な腕帯の巻き具合や測定時の安静状態などをチェックし、青く光って正常に測定できたことをお知らせします。

測定時間お知らせ機能
毎日決まった時間にアラームで測定時間をお知らせします。

血圧測定環境温度チェック
血圧測定に適した室温かどうかチェックします。 適正温度外でも測定は通常通り行えますが、正常な測定値がでない場合もあるため、なるべく適正温度内で測定することをお勧めしています。

ひと目でわかるトレンド表示
最も新しい測定結果からさかのぼって最大5つの測定結果をグラフで表示します。

朝と夜の測定結果を自動で振り分け
朝と夜の測定結果を自動的に振り分けます。

ロック機能で誤作動を防止
誤作動防止のためのロック機能付き。持ち運びも安心です。

その他の特徴

  • ファジィ制御加圧
  • 腕帯状態表示
  • 測定中の体動チェック
  • 不規則脈波リズムチェック機能
  • タッチセンサースイッチ
  • 脈圧表示で一歩進んだ健康管理

商品情報

名称
上腕式デジタル血圧計
型式
DSK-1051/DSK-1051J
医療機器認証番号
224AGBZX00105000
測定方法
オシロメトリック法
表示
15桁液晶表示
圧力表示範囲
3~300mmHg(腕帯圧力)
測定範囲
50~250mmHg(最高血圧)
40~180mmHg(最低血圧)
40~160拍/分(脈拍)
精度
±3mmHg(圧力) ±5%(脈拍)
臨床性能試験による血圧測定の誤差*¹
聴診に対する 平均誤差 ±5mmHg以内/標準偏差 8mmHg以内
腕帯内圧力表示の誤差
±3mmHg以内
急速排気
260mmHgから15mmHgへの急速排気時間は10秒以下
腕帯内圧力表示の安定性
10000サイクル模擬測定後腕帯内圧力の表示値の変化は±3mmHg以内
加圧
自動(エアーポンプ)
減圧
自動(電子制御弁)
排気
自動急速排気弁
電源
専用ACアダプタ(モデル:ADP-W5-11)または 単3アルカリ電池4本
電気的定格
専用ACアダプタ使用時
アダプタ定格 AC100-240V 50/60Hz 0.12A
本体定格 DC6V 500mA
単3アルカリ電池4本使用時
DC6V/4W
メモリー
2つのメモリーにそれぞれ120回分の測定結果とその平均値
加圧初期値
40mmHg(ファジィ加圧)
使用環境
+10~+40℃、相対湿度30~85%(結露なきこと)
輸送・保管環境
-20~+60℃、相対湿度10~95%(結露なきこと)
測定可能上腕周囲
約22~42cm
本体寸法
約縦115×横115×高さ65.9mm
本体重さ
約250g(付属品を含まない)
電撃保護
クラスII機器および内部電源機器  BF型装着部
水の有害な浸入に対する保護の程度による分類
IPX0
作動(運転)モードによる分類
連続作動(運転)機器

*1 試験方法はANSI/AAMI SP10:2002, American National Standard for electronic or automated Sphygmomanometers, and Amendmentに基づく。

▲PAGE TOP